teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


下記アドレス公開

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 1月31日(木)16時40分6秒
返信・引用
  p50012-adsau07doujib3-acca.osaka.ocn.ne.jp
(220.105.225.12)
と言う事でさよなら(w
 
 

冷たい所

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 8月15日(水)14時25分12秒
返信・引用
  馬鹿者へ
一回、拘置されようか。

ca6-nat.cty-net.ne.jp
(210.149.120.126)
 

通報

 投稿者:管理人  投稿日:2006年11月29日(水)15時31分38秒
返信・引用
  以下の者
d196.GosakaFL13.vectant.ne.jp(220.247.19.196)
他の掲示板へも有ったようなので通報する事とします。
 

レス

 投稿者:葵 夏姫@管理人メール  投稿日:2004年 2月 7日(土)19時49分14秒
返信・引用
  警視庁航空隊々長さん。
逮捕は、予告もストーリーが有って良いです。
その話数の内容あらすじを伝えると言う短い時間の話と言う感じで
そのキャラの色々な面が出ている雰囲気を出していますね。
そこが逮捕の魅力かも知れません。
スタッフは、その予告を上手く取り入れてファンを造っていると言うのかな。
ドラマでは、それが普通過ぎてなんかぱっとしないんですよ。
やはり、アニメだと予告の途中でコントやギャグを入れたりは、出来るんですが
ドラマだと俳優さんを一気に崩すと言うのは、無理みたいな感じを受けます。
だからこそアニメと言うそのキャラを使って旨い所を出しているんだと言う事と
思います。
やはり、逮捕は、アニメじゃないと面白くないです。
以上管理人のコメントでした。
 

予告編の、想像の楽しさ。

 投稿者:警視庁航空隊々長  投稿日:2004年 1月25日(日)13時36分47秒
返信・引用
   →“葵 夏姫@”様。
 警視庁航空隊々長です、暫くでした。

 わたしは、「逮捕しちゃうぞ」を、OVA→TV第1期→映画→TV第2期と、続けて見ているのですが、TV第1期の初回(美しき者・汝の名は葵)の予告編に、「逮捕」の“これから”が見えたような気がしました。或いは、予告編を見ながら、キャラクターの台詞を想像する楽しさも、広がるようでした。

 初回の予告編で、夏実が笑顔で話す(「どちら様? どういう御用で?」)シーンは、台詞を変えれば「墨田区の治安維持は、私たちに任せなさい」ともなれますし、婦警全員が厳しい顔で発言する(「勿論、男子更衣室の方を使って頂きます!!」)シーンも、台詞を変えれば「墨東署管内では、犯罪は絶対に見逃しません!!」に出来るのです。

 初回に限らず、「逮捕しちゃうぞ」の予告編で、キャラクター1人1人の“口パク”を見る事により、どういう発言をするのかが楽しみになって来るのですが、相模大野千恵、佐賀沙織、ストライク男の“口パク”が、気になっていた時もありました。しかし、一番気になったのは、“回れ! 炎の回転灯”の予告編でした。

 蟻塚警視正の強張った表情、美幸の引き攣った表情、中嶋の苦悶する姿(前編)、特別交通機動隊に追われる夏実、電話を切って微笑する蟻塚警視正、Zのリアビューミラーに映る近藤警部補の引き攣った表情(後編)が視聴者に只ならぬ雰囲気を感じさせて、全体的に殺伐とした感じが伝わるようでした。
 墨東署が高級車窃盗/密輸団を追跡・殲滅する、第1期の終幕3部作“墨東署捜査線”の予告編は、寧ろ淡々とした雰囲気でしたが。

 このように、「逮捕しちゃうぞ」は、本編を見て楽しむばかりではなく、予告編からも本編の1話1話の台詞や流れを想像する事も、お楽しみの1つだと思います。
 

諸事情かな?

 投稿者:葵 夏姫@管理人メール  投稿日:2003年12月13日(土)19時57分24秒
返信・引用
  to警視庁航空隊々長さん。
う~ん、どうなんでしょう、丹下さんから飯塚さんに変更したの多分大人の女性と言う事かな?
成長した分、声をあのままって言う事には、と考えたかも知れませんね。
 

元気なのは、若さの証明。

 投稿者:警視庁航空隊々長  投稿日:2003年12月 8日(月)16時07分48秒
返信・引用
   →“葵 夏姫”様、お久しぶりです。

 準レギュラーの佐賀沙織は、アニメの第2期では、立派に女性警官になっていますが、女子高生時代の方も忘れられません。

 一寸ばかり世を拗ねる、女子高生・佐賀沙織。明灰色のセーラー服に白のオーバーニーソックスとは、何とオーソドックスな!! スカートが、ばかに短い! キャスティングが何と、丹下桜氏とは!

 初登場の回では、悪者にAVに撮られそうになった時に、夏実と美幸が駆け付けて来て間一髪! 続いては乳酸菌取引のトラブルで誘拐されて、拳銃を向けられたり、冷凍庫に追い詰められたりで、さあ大変だ~。でも、“整腸”を“成長”と勘違いするシーンには大笑いしました(^o^)。

 終幕3部作“墨東署捜査線”でも、佐賀沙織は、女子高生としては最後の姿を、画面に登場させましたが、第1期で女子高生・佐賀沙織を演じた丹下桜氏は、どうなっているのでしょう?

 第2期に入りますと、“女性警官”・佐賀沙織巡査は、飯塚雅弓氏が演じていますが、初っ端から張り切り過ぎるせいで、夏実・美幸との間で軋轢も!? 元気が空回りするせいでしょうか。第2期では、嶋崎はるか氏が演ずる、金子留理子(婦警A)が、良き教育係兼先輩になっているようです。でも、第2話で、
「正義を貫く警察官には、合コンだの恋愛だのに、ウツツを抜かしている余裕は無い!!」
 と先輩3人を怒鳴り飛ばす場面には、驚きました。怒鳴り飛ばされた3人は、真っ暗になって、陥穽に堕ちたとしか、わたしには形容出来ませんでした。

 新人が職務を遂行出来るようになるのもならないのも、最初に組んだ先輩次第である事が、第2期を見ていて、何と無く判りました。
 

書き込み有り難う御座います

 投稿者:葵 夏姫@管理人メール  投稿日:2003年11月18日(火)15時33分47秒
返信・引用
  警視庁航空隊々長さん。
はじめまして、管理人です。
書き込み有り難う御座います。
逮捕の人気は、相変わらず凄い人気です。
ストーリーは大体現実のとか映画とかで作られていますね。スタッフが良く巧い味を出す所なんかが良いです。監督の西村さんも只のアニメにしたくないと言うのが伝わってくる
そんな感じが出ています。某刑事物(踊○大○○○)は、今現在2作目の劇場がやられましたし、12月は、バージョンアップ版とか瞑して公開すると言うのが出ています。
この差で逮捕がちょっと負けていますがファンが望めば新しいストーリーや映画など
が出てくると思います。あと、某テレ○でも何年振りかでスペシャルドラマが予定されていましたが撮影中の人身事故によって現在取り止めています。その点問題が無いのがアニメなんですね。やはり、逮捕の新作なんかが出て来てくれるといいのですがまぁ、原作者の藤島さんもネタとかがあれば作られると思います。が、今は、期待とか熱望で待つ以外ないですね。いずれ新作が出てくる事を祈っていましょう。
以上管理人からでした。
 

初めまして。

 投稿者:警視庁航空隊々長  投稿日:2003年11月 5日(水)21時38分11秒
返信・引用
   初めまして。わたしは自動車大好き・飛行機大好きな「警視庁航空隊々長」です。

 わたしは「逮捕しちゃうぞ」はアニメのOVA→テレビシリーズ→劇場版がお気に入りです。テレビシリーズになると、婦警1人1人に設定が起こされていて、そちらの方にもファンが付くようになりました(かな?)。

 メカにしても、相模大野千恵のポルシェのパトカー、黒いZの覆面パトカー。原作にも登場したマシーンが現れて、嬉しかったです。西村純二氏が監督になると、社会派ドラマ的になって来ましたが、終幕3部作“墨東署捜査線”は、非常に現実的なお話でした。

 でも、同じ警察が「敵」となる“回れ! 炎の回転灯”は、映画「ダーティハリー2」のプロットに範を垂れたものであるにせよ、警察官同士で戦うという事の辛さが、後編のラストシーンの美幸・夏実・中嶋の表情に表れているようでした。事件が解決しても素直に喜べず、ただ遣り切れなさだけが残る。そういう事件もあるでしょう。

 でも、「逮捕しちゃうぞ」テレビシリーズ第1期は、素晴らしいと思います。
 

お初の人

 投稿者:葵 夏姫@管理人メール  投稿日:2003年10月22日(水)15時28分41秒
返信・引用
  どうも、書き込み有り難う御座います。
宮前さん。
管理人です。
そうですか、将来は、警察官ですか。頑張って下さい。
逮捕2の予定とか、ねぇ、何時出てくるのかなぁ。
踊るがMOVIE2でスタートしたから逮捕が一歩下がったと言う事ですものね。
確かに逮捕ファンにとっては、痛いところです。
DEENさんの公式サイトとかには書き込んでいますか?
書き込んでおけば何時かは、やってくれるとかの希望が持てますよ。
私も一応書き込んでは、置きますがね。
気長に待つのも楽しみの一つです。
では~。
 

レンタル掲示板
/10