teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


不変証明 -Eternity Flower-

 投稿者:悠河  投稿日:2019年 8月30日(金)02時20分5秒
  君は言った

「変わらないものなんてない」

と。
そう言い切った君が抱える矛盾に
君は気付いているだろうか……

変わらないものがない
もしそれが真実であるならばば
「変わらないものがない」という考えもまた
いつかは変わらざるをえない

変わらないものへの二重否定

そう
変わらないものはある
変わらないものはあるんだ
 
 

逢世

 投稿者:悠河  投稿日:2019年 7月 1日(月)00時02分30秒
  逢えてよかった

逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった逢えてよかった

逢いたい
 

因答 -into-

 投稿者:悠河  投稿日:2019年 6月26日(水)06時35分45秒
  Q.「アナタはダレ?」
A.「僕は僕。どこにでもいる者さ」

Q.「ドコにデモってドコ?」
A.「どこにでもだよ。森羅万象あまねく場所に僕はいる」

Q.「でもイナイ。ワタシのナカにアナタはイナイ。ナゼ?」
A.「そうだね。だから入れておくれよ。ドアを開けて、窓を開けて、僕を迎えておくれよ」

Q.「アナタをイレるとドウなるの?」
A.「楽しいよ!楽しくて哀しくてイラついて笑えてくるんだ」

Q.「…イヤ……コワイ。ソンナのイラナイ!来ナイで。来ナイで!」
A.「だがもう遅い。君は僕を知ってしまった。僕はもう入ってしまった。君の中に。君の体に。君の心の内側に」

Q.「イタイ!クルしい!アナタはだれ?あなたはなに?貴方は……」
A.「初めまして。僕は感情。もう一人の君。そしてただいま」

「……おかえり。私……」
「そしてサヨナラ。ワタシのモラトリアム」
 

執宴

 投稿者:悠河  投稿日:2019年 4月29日(月)00時49分40秒
  またこの日が来て
今年も同じように
君を羨ましがらせるためだけの宴を開く

こうして過ごすのはもう何年になるだろうか

"「好き」も「嫌い」もその人に執着するという点に於いては同じこと"
だから人によってはボクが好意で行ってるように見えるのだそうな
失礼な話だ
ボクは君のことが嫌いだったし、君だってボクに好かれてるだなんて願い下げだろ?
この宴は君への嫌がらせとして始めた
それが何となく今でも続いているだけ
それでいいじゃないか
 

優先 -kindism-

 投稿者:悠河  投稿日:2019年 4月17日(水)06時37分10秒
  正しくないことを理由に寄って集って糾弾することは正義なの?
正しくないことを理由に誰彼構わず吹聴することは正義なの?
正しくないことを理由に徹底的に追い詰めることは正義なの?

ならボクは、ボクの信仰に従い、正しさよりも優しさを選ぶよ
 

天使 -natural born mistress-

 投稿者:悠河  投稿日:2019年 2月25日(月)03時34分9秒
  ‐‐‐"天性の使役者"‐‐‐

なるほど彼女ほどボクの使い方を心得ていた人間はおるまい

事前においてはボクを抱き締め全開にし、
以て使い潰せるだけ使い潰し、
事後においてはボクを抱き締め全快にさせる

今に思い出しても身震いがする


なんと満たされた時間であったか!
 

一段 -ONE step-

 投稿者:悠河  投稿日:2018年12月27日(木)03時20分55秒
  また1年
生き永らえてしまいました
ゴメンね

早く
逢いたいです

ただ 貴女だけに
 

祈望 -shape of Wish-

 投稿者:悠河  投稿日:2018年12月25日(火)00時11分22秒
  ボクは貴女に「生き還ってほしい」などとは思わない

天国は、悪意の無い穏やかな世界は、貴女にとって心安らかにいられる空間でありましょう
翻って現し世はといえば、相変わらず、あるいは貴女がいた頃以上に、悪意と私欲が跋扈する世界となってしまいました
そんな汚泥の沼底に貴女を呼び戻すなんて出来ない
再び世界の悪意に陵辱され壊されていく貴女を見たいとは思わない
ボクは貴女に「生き還ってほしい」などとは思えない

だからボクから逢いに逝きます
時が来たらボクの方から貴女の下へ馳せ参じます
そうしたらまた
包み込んでくれますか?
 

安心中毒 -Damocles syndrome-

 投稿者:悠河  投稿日:2018年10月31日(水)01時00分6秒
  安心を求めすぎてはいけない
さもなくば【不可視のダモクレス】に取り殺されてしまうだろう
頭上に剣などありはしないのに、自分が見えていないだけではないか?と錯覚し怯えるように
安心を求めるあまり、不安のない自分を信じられず、無いはずの不安に陥ってしまう病
“ダモクレス・シンドローム”
治すのは容易じゃない
 

月下逃避行 -unforgiven two

 投稿者:悠河  投稿日:2018年 9月24日(月)03時05分35秒
  陽の光の下を歩けぬ二人は
月を好きになるしかなかった
 

レンタル掲示板
/27